あと 138日12時間24分48秒

米国、韓国産の太陽光パネルと洗濯機の輸入制限を決定


▼ページ最下部
001 2017/10/09(月) 17:19:20 ID:1GpnAFA5uQ
米国発の「通商津波」が韓国を強打している。

米国トランプ政権が「狂人戦略」まで取り上げて、全方位で強く通商圧迫を高めている。

「堂々とした対応」を叫??んでいた韓国政府は、米国の厳しい態度に一歩後退した。
米国の要求に応じて韓米自由貿易協定(FTA)の改正交渉手続きに入ることで事実上合意した。

米国政府はそれと共に、韓国産太陽光パネルと洗濯機をセーフガード(緊急輸入制限措置)対象に指定した。

サード報復として中国市場で苦労していた国内の産業界としては、米国市場でも大型の悪材料に出会ったわけだ。

このように米国の圧迫が高くなっているが、韓国政府と産業界はこれに対応する「妙手」を見つけるのが難しい状況だという憂慮の声が高まっている。

米国はこのほかにも産業の全分野にわたって韓国の各種輸入規制措置を動員している。

ITCは先月26日、韓国など5カ国が米国に輸出するPET樹脂の反ダンピング調査の予備段階に着手した。

韓国貿易協会によると、今年9月まで世界各国が我が国を相手に新たに着手した輸入規制24件のうち、米国が8件で最も多い。

これまで韓国産鉄鋼製品に主に反ダンピング関税を賦課してきた米国は、最近は化学、繊維、機械など様々な分野で貿易障壁を高めている。
去る6月、反ダンピング調査を開始した「円錐ローラーベアリング」、低融点ポリエステル短繊維、合成短繊維などが代表的である。

これに先立ちトランプ大統領は4月に「貿易拡大法232条」を鉄鋼輸入に適用することができるかどうか調査するようにという行政命令に署名している。

貿易拡大法232条は、政府が国家安全保障への脅威になると判断した場合、輸入を制限するようにできる規定である。

米国の232兆措置が行われれば、数日内に報復措置をとるというEUの公言まで出てきて、私たちの鉄鋼業界の緊張感がさらに高まっている。
http://oboega-01.blog.jp/archives/1068170004.html

返信する

002 2017/10/09(月) 20:32:14 ID:livT71HpSY
日米英連邦vs中独仏etc   お豆:朝鮮

返信する

003 2017/10/09(月) 23:41:49 ID:VY/yof7aKM
完全に、敵国認定されてるじゃないか。
やっぱり、中国と組まないと防ぎきれないぞ。

返信する

004 2017/10/10(火) 22:33:38 ID:zW4SEe5KEE
 トンスルランドの洗濯機は爆発するからね

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:2 KB 有効レス数:4 削除レス数:





ニュース国際掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:米国、韓国産の太陽光パネルと洗濯機の輸入制限を決定

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)