あと 147日0時間35分36秒

日本・リトアニア首脳会談 対北圧力強化で連携確認


▼ページ最下部
001 2018/01/14(日) 12:18:36 ID:YYY1uQA8CI
日本の総理大臣として初めてバルト3国を歴訪している安倍総理大臣は、リトアニアでスクバルネリス首相と会談し、核やミサイル開発を続ける北朝鮮に対する圧力の強化に向けて、連携して対応していくことを確認しました。

ロシアに隣接するバルト3国を歴訪している安倍総理大臣は、3番目の訪問国リトアニアに到着し、首都ビリニュスの大統領府でグリバウスカイテ大統領を表敬訪問したあと、きょう未明、首相府でスクバルネリス首相との首脳会談に臨みました。

会談の冒頭、安倍総理大臣は「北朝鮮は今やビリニュスも射程に入る弾道ミサイルを発射するなど、ヨーロッパ全体にとっての脅威だ」と述べたのに対し、スクバルネリス首相は、「歴史ある両国関係を足がかりとして、さらに戦略的な関係を発展させていきたい」と応じました。

そして両首脳は、北朝鮮に対する圧力の強化に向けて連携して対応していくことや、経済、科学技術、医療などの分野での協力を推進していくことを確認しました。

このあと両首脳は共同記者発表を行い、安倍総理大臣は「自由、民主主義、人権、法の支配という基本的価値を守り、自由で開かれた世界を維持することが平和と繁栄の礎だ。北朝鮮についても圧力強化や拉致問題などでたいへん有意義なやりとりができた」と述べました。

またスクバルネリス首相は「リトアニアは完全に日本の北朝鮮に対する立場を支援する。核開発は国際的な約束に合致した形で行い、緊張を高めるような行動や地域の平和・安全保障に対する脅威となるような活動を抑制すべきだ」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180114/k10011288511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

返信する

002 2018/01/14(日) 13:08:05 ID:Od94h689uo
リトアニアってどこやねんw

返信する

003 2018/01/14(日) 15:28:20 ID:BYQw1fwdIc
>非スラヴ系国家のリトアニア大公国
>リトアニアの宗教は現在ローマ・カトリックが大勢を占め、他の宗教は少数となっているが歴史的には多くの宗教が信奉されてきた。
>もともと現在のリトアニアにあたる地域はバルト人の土地であり、彼らは独自の多神教信仰を持っていた。
>農民層が中心のリトアニア人にカトリックが浸透するのは16世紀頃と言われている。

>13世紀にキエフの軍勢はカルカ川でモンゴル軍に敗北し、決定的な打撃を受けた古キエフは全滅され、ルーシというキエフ大公国は名実と共に亡国となった。
>支配する勢力は、1264年までのハールィチ・ヴォルィーニ大公国から非スラヴ系国家のリトアニア大公国に移り、
>14世紀末までにリトアニア大公国はヨーロッパ最大の国家となったhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%A2

>1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国となり
16・17世紀のヨーロッパ世界においてオスマン帝国に次いで広大な国のとなった

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:3 KB 有効レス数:3 削除レス数:





ニュース国際掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:日本・リトアニア首脳会談 対北圧力強化で連携確認

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)